白さを保つとは、「清浄を保つ」ということ。神職を志す学生たちとウタマロ石けん。

厳かな空気に包まれた国宝・石清水八幡宮境内の、京都國學院学生寮。神職を志す道は「清浄・清潔」を第一とし、
学生たちの衣類はすべて清浄をあらわす白と決められているとか。
清浄で神聖な「白」を保つ日々の大切さを、学生たちと石清水八幡宮権祢宜(ごんねぎ)・佐波近尚先生に伺いました。

※個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

京都國學院

神社本庁より神職養成機関として認可された「学校法人 京都皇典講究所 京都國學院」。100年を越す歴史のなかで、数多くの神職を輩出し続けてきている。石清水八幡宮での社務実習に加え、京都市内の学校にて祭式、雅楽などの授業が行われる。

ページトップに戻る