トップページ > ウタマロの歴史
  • ウタマロの歴史
江戸時代の浮世絵師、喜多川歌麿がネーミングの由来!
ウタマロって、どういうふうに生まれたの?
戦後、宮井慶太郎(宮井産商株式会社初代社長)という人が生み出したのよ。
京花紙(今のティッシュペーパー、化粧紙)の販売を生業としていて、日本版画が好きだった宮井が京花紙を「広重」という商標で販売したのが始まり。それを半分折にして数十枚組にした「歌麿」がヒット商品になったんですって。そして宮井は「歌麿」ブランドのさらなる商品展開を目指し、洗濯石けんの販売に乗り出すの。日本全国の石けんメーカーを調べ上げ、東邦油脂株式会社(現 株式会社東邦)と出会い、昭和32(1957)年に「ウタマロ石けん」が誕生したのよ。
お客様からの支持で廃番の危機を脱出!
ウタマロ石けんは、関東以北が商圏の京花紙「歌麿」の販売ルートで販売され、人気を得ていったわ。でも、バブル崩壊と紙販売の競争激化によって宮井産商株式会社は廃業してしまうの。
だけどその時、多くのお客様から『ウタマロ石けん』を廃番にしないで欲しいというお声を頂いて、東邦が「ウタマロ石けん」の製造から販売までを手がけることになるのよ。
すごく長い歴史だね。どうやって広まっていったの?
ウタマロ石けん発売から55年後にして、新シリーズ誕生!
みんなのおかげで、今のウタマロ石けんがあるんだね。
この出来事を機に「ウタマロ石けん」は西日本でも販売されるようになったの。そして発売から50余年、「ウタマロ石けん」はとてもたくさんのお客様と、そのお客様のご意見に支えられ、改良に改良を重ねて現在に至っているのよ。
そしてついに2012年の春にウタマロ新ブランドシリーズとして、汚れ落ちの良さと手肌へのやさしさの両立にこだわった、ウタマロリキッド(部分洗い用液体洗剤)、ウタマロクリーナー(住宅用クリーナー)、ウタマロキッチン(食器洗い洗剤)が発売されたのよ。
ページトップに戻る