詳細はこちら
ウタマロ石けんのこだわり
ウタマロリキッド、ウタマロクリーナー、ウタマロキッチンのこだわり

ウタマロ石けんのこだわり

選び抜かれた原料
手肌と環境にやさしく、多くの人に古くから使われてきた石けん。そんな石けんも、原料となる脂肪酸の種類や配合で汚れ落ちの力は大きく変わります。ウタマロ石けんを開発する時、私たちは、たくさんの種類の脂肪酸(石けんの原料となる油のこと)を試験し、固さと汚れ落ちの性能を見るため次から次へと石けんを試作しました。脂肪酸と一言で言っても、ラウリン酸やオレイン酸などたくさんの種類があり、
その組み合わせとなったら無限大です。そんな中、何百回と試験を繰り返し、ついに水に溶けやすく汚れになじみやすいだけでなく、適度に柔らかく生地も傷めにくい、洗濯石けんとして適した脂肪酸の組み合わせを見つけ出しました。ウタマロ石けんは、原料の選定からこだわり抜いて作っています。
選び抜かれた製法
石けんの製法は主に、中和法とけん化法という2つの製法があります。ウタマロ石けんは中和法で作っているのですが、それには理由があります。それは、中和法の方が不純物が少ない、純度の高い石けんを作ることができるからです。ウタマロ石けんは、汚れ落ちを良くするために、できるだけ純度の高い石けんを作るように心がけています。また、石けんを固める方法としては主に、
機械練りと枠練りの2つの方法があります。ウタマロ石けんは、機械練りで作っているのですが、これにも理由があります。それは、機械練りの方が石けんの結晶が細かく砕かれ、汚れになじみやすい石けんができるからです。このように、ウタマロ石けんは原料だけでなく、その製法にまでこだわって、汚れ落としに適した石けんを作っています。
環境に配慮した原料
石けんの出発原料となるのは、脂肪酸と呼ばれる油の一種です。ウタマロ石けんは外食産業に使用され廃棄される油を回収し、再度精製された回収リサイクル油を原料に使用しています。これは、汚れ落ちの良さだけでなく、環境に対して配慮した原料を使用することで、持続可能な社会に少しでも貢献できるように、
という思いで使用しています。昔、料理の後の余った油から石けんを作る廃油石けんというものが、環境にやさしく、汚れ落ちが良いということで重宝されていましたが、ウタマロ石けんは言わば廃油石けんの進化版のようなものなのです。
ウタマロ石けんの緑色の理由
ガンコな汚れを落とすためには、石けんを汚れている部分にしっかりつけて、汚れとなじませる必要があります。どんな強力な洗剤も、この基本が抜けていると汚れは落ちません。その洗う基本をしっかり実行するために、塗ったところが分かるようにウタマロ石けんは緑色をしています。
汚れた部分にうっすらと緑色がつくまで石けんを塗り、その後もみ洗いする時には、その緑色がちゃんと消えるまでしっかりもみ洗いします。そうすることで、汚れはしっかり落ちてくれます。その目印としての役割が緑色にはあるのです。
蛍光増白剤を配合している理由
もともと市販されている白い生地の衣類の多くは、生地をより白く見せるために蛍光剤が塗りこまれています。しかし、蛍光剤は洗濯とともに少しずつ流れ落ちていき、徐々に衣類は元の白さを失っていくのです。ウタマロ石けんは、洗濯で失われる白さを取り戻すために蛍光増白剤を配合しています。
ウタマロ石けんに配合されている蛍光増白剤は、安全性が確認されているものを使用しています。

ウタマロリキッド、ウタマロクリーナー、ウタマロキッチンのこだわり

最大の難関
「手肌にやさしい洗剤はガンコな汚れに弱い」。という悩みに一心に向き合い、開発はスタートしました。相反するものの両立が1番の難関でした。開発を進める上では、家事をする女性研究者や女性社員に何度も試作品を使用してもらいましたが、案の定何度もNGが出ました。たくさんの原料を検討し、最終的に手肌と環境にやさしいアミノ酸系洗浄成分に着目。
そこに洗浄力を上げるためだけに洗浄補助剤を最低量配合するという方法に絞りました。また、数種類のアミノ酸系洗浄成分を上手に組み合わせることによって、低い濃度の界面活性剤でも洗浄力のある適した組み合わせを見つけ出しました。一連の開発に要した期間は実に3年。長い時間をかけて何事にも妥協せずに作り上げたこだわりの洗剤です。
環境に配慮した原料
石けんは自然にも手肌にもやさしい洗浄成分として知られていますが、実は私たちが新しく着目したアミノ酸系洗浄成分も引けを取らない優秀な洗浄成分です。環境への負荷を表す生分解性も高く、手肌にもやさしい、石けんと似た特徴を持っています。素肌や髪にもやさしいことから、高級シャンプーなどにも使用されています。ウタマロリキッド、ウタマロクリーナー、ウタマロキッチンを石けんではなく、
アミノ酸系洗浄成分に着目して作ったことには理由があります。それは、石けんでは実現できない使用感の良さを実現するためです。石けんで洗濯すると衣類が石けんカスでゴワつく、食器を洗うと食器がすべる、掃除に使うと石けんカスでくすんでしまう、といった問題がありました。私たちはそれらをクリアしつつ、手肌と環境にやさしい洗剤を作るために、アミノ酸系洗浄成分に着目しました。
心地よい香りを実現するために
私たちがアミノ酸系洗浄成分を選んだのは、実はもう1つ理由があります。それは心地よい香りを実現するため。香りと言われると、多くの方は香料のことかと思われますが、洗剤の香りというのは、香料だけで決まるものではありません。洗剤の香りは、原料の香りと香料の香りが合わさったものですので、本当にいい香りを実現するためには、原料の香りにも気をつける必要があります。
例えば、石けんは少し甘く生臭いような香りがします。また、よく使われている硫酸系の界面活性剤は、少しすっぱいような香りがします。それに比べて、アミノ酸系洗浄成分は、ほとんど癖のある香りが無く、非常にシンプルで上品な香りを実現できるのです。ウタマロシリーズには、ハーブ系の香料が配合されていますが、さわやかなハーブ系の香りを、できるだけそのまま活かすように作られています。
レトロさの中にも新しさを
ウタマロシリーズの容器デザインのコンセプトは、「レトロさの中にも新しさを」。これは、中身のコンセプトとも共通しています。昔ながらの良い技術、良いデザインは残しつつ、今の時代に合った新しい面も持ち合わせている、そんなことを大切にしながら作りました。レトロでシンプルなモノというのは、どこか落ち着きを与えます。日々忙しく家事をする中で、落ち着きを与える雰囲気はとても大切だと思っています。一方で、ウタマロキッチンの容器は、食器洗い洗剤にはめずらしいポンプ式を採用。
手軽なワンプッシュで簡単に洗剤を継ぎ足せ、洗剤の出しすぎも防げます。ウタマロクリーナーも、持ってみるとその持ちやすさが分かります。内容量の割には軽く感じ、長時間使っても手首が疲れにくいように設計されています。このように、レトロさの中にも、今の時代に合った使いやすさをプラスして、ウタマロシリーズの容器デザインは生まれました。
ページトップに戻る